ネモフィラです。

国営ひたち海浜公園

昨年初めて行って感動して、でも、一回でいいかなあなんて思っていたんですが、自分の写真を撮る技術やスタンスが変わってきているし、インスタでお付き合いのある方々がつぎつぎと上げてるのを見ると我慢できず、つい、行ってきてしまいました。

ところでこれずっと言いたかったんですが、この公園の正式名称は「国営ひたち海浜公園」で、住所が「茨城県ひたちなか市」になります。結構多くの方が間違えているみたいなんですが「ひたちなか海浜公園」ではなく、ひたちなか市にある、国営ひたち海浜公園なんです。ちょっとややこしいですが。

ここは、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、通称ロッキンが開催される場所としても知られていて、昨年フェスに目覚めた僕らは花を撮る以外でもちょいちょい通った結果、なんだかんだでもう5−6回めの訪問になります。

JR常磐線の勝田駅が最寄り駅になりまして、練馬の我が家からだと電車を乗り継ぎで2〜3時間程度。特急を使って最短で移動すると往復でひとり8,000円ほどかかります。なかなかの出費です。

調べてみると全て鈍行を使っても接続がうまくいけば特急に比べて30分ほど遅いだけみたいです。それで運賃が往復で3,000円ほど違ってきます。今回は時間もゆったりとあることだし、試しに全て鈍行で移動してみました。

鈍行だと長椅子席なので小旅行感は薄れるものの、時間の遅れ自体は暇つぶしがあればそれほど気になりません。コスパ考えると十分過ぎるくらいの気がしました。急いでなければ鈍行も十分に選択肢としてアリだと思います。

勝田駅から海浜公園までは路線バスが通っていますが、繁忙期には別に直行バスが運行されることが多く、ネモフィラの時期にも直行バスが走っています。駅から出ると入場券とセットになったバス乗り放題券を売る特設窓口的なものがあるので、そこで券を買ったら往復のバスと入園がまとめてフリーパスです。

園への移動手段としてもうひとつ鉄道があるみたいなのですが、そちらについては利用したことがありません。景色がいいっぽいので、いつか一度は乗ってみたいなと思っています。

さて、今回実は2日続けて行ったのですが、一日目行ってみて人の多さに驚いて、できれば人の居ない遠景も撮りたいと思い、二日目は開園時間と同時の入園を目指して早起きして行ってみました。

公式サイトによれば開園は9:00とのことで、なんとか8:30には到着出来てしめしめと思ったのですが、なぜかもう入場は始まっていて、ネモフィラのところについた時点ではもう人人人、丘の上までびっしり人でした。

なにかおかしいと思い再度公式サイトを見てみたところ、GW中は開園時間が7:30になる旨トップページに書いてありました…。こりゃ泊まるか、自分の車とかじゃないと難しいですね。来年事情が許せば狙ってみようかと思います。

結局出遅れてしまったものの2日目は1日目よりも天気の調子がよくて、1日目とはまた違った写真が撮れたのでそれはそれで大満足。でも、ネモフィラのような薄味のものは僕はどうも上手く撮れなくて、撮れた写真そのものは満足のいく出来というわけにはいきませんでした。

来年またがんばります。

以下、撮ってきた写真をざっくりと。

次にここを訪れるのはロッキンのとき。今年は車で来ようと思っていて、駐車場付き入場券を全日程押さえました。タイムテーブルが発表されるのが楽しみです。

もし行かれる方で日程の重なる方、よかったらご一緒に移動だけでもいかがですか。声かけてくださいませ。